海外ニュース:世界中でCOVID-19 治療薬の開発が進む

 

2020年4月8日

 

新型コロナウィルス感染症は、初期段階の症状であればヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンなど、ある程度効く薬があることが判明しましたが、一度重症化したら、手の施しようがないといわれています。いまその重症患者を対象とした臨床試験が世界中で行われています。ここでは代表的な臨床試験を紹介します。

 

■COVID19重症患者を対象とした臨床試験

新型コロナウィルス感染症の拡大で大打撃を受けている欧州の製薬企業フランスのサノフィ、スイスのロッシュ、また、緊急事態宣言がでた日本の富士フィルム富山化学などがCOVID-19患者を対象とした臨床試験をいま進めています。


 

海外ニュース:世界中でCOVID-19 治療薬の開発が進む

 

2020年4月8日

 

新型コロナウィルス感染症は、初期段階の症状であればヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンなど、ある程度効く薬があることが判明しましたが、一度重症化したら、手の施しようがないといわれています。いまその重症患者を対象とした臨床試験が世界中で行われています。ここでは代表的な臨床試験を紹介します。

 

■COVID19重症患者を対象とした臨床試験

新型コロナウィルス感染症の拡大で大打撃を受けている欧州の製薬企業フランスのサノフィ、スイスのロッシュ、また、緊急事態宣言がでた日本の富士フィルム富山化学などがCOVID-19患者を対象とした臨床試験をいま進めています。

<ケプラザの臨床試験

サノフィとリジェネロンは、COVID-19ですでにリューマチ治療薬として承認済みの薬剤ケブラザkevzara(一般名 サリルマブsarilumab)を投入し、重症のCOVID-19疾患で入院している患者を対象に試験しています。

 

この試験の背後にある考え方は、COVIDに対して中外製薬が開発したライバルのIL-6阻害薬であるアクテムラactimura(一般名トシリズマブtocilizumab)を使用する背後にある考え方に似ています。IL-6阻害薬アクテムラは、炎症性サイトカインの一種であるIL-6の作用を阻害し、免疫抑制効果を示す分子標的治療薬です。アクテムラはヒト化抗IL-6受容体モノクローナル抗体であるのに対し、後発のケブザラは完全ヒト化抗IL-6受容体モノクローナル抗体です。完全ヒト型抗体の方がヒト抗体に近いため副作用が低いとも言われおり、ヒト化抗体の割合は、アクテムラは約90%、ケブザラは100%となっています。

 

エビデンスにより、炎症性サイトカインIL-6の過剰生産が、COVID-19重症患者に見られる炎症の原因の1つであることが示唆されています。IL-6が多すぎると、ウイルスではなく免疫系が患者自身の体を攻撃し始めます。以前に関節リウマチで承認されたケブラザは、COVID-19で見られる合併症を引き起こす重篤な症状を治療する方法の1つである可能性があります。抗IL-6受容体モノクローナル抗体薬の有用性は、アクテムラを使用した中国での単群研究からの予備データによってサポートされています。

 

現在、ケブラザCOVID-19グローバル臨床試験は、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、カナダ、ロシア、米国で開始されています。それらの国はCOVID-19の重大な影響を受けています。サノフィは米国以下でのケブラザCOVID-19試験を主導し、その開発パートナーであるリジェネロン(Regeneron)は米国内での試験を扱っています。この計画は、米国を拠点とする最初の試験開始する際にサノフィとリジェネロンが発表したものです。これは、ケブラザCOVID-19プログラムは、多施設二重盲検フェーズ2/3試験であり、サノフィは世界中の保健当局と引き続き協力して、追加の施設での開始を確保しています。

 

COVID19 Actemura

<アクテムラの臨床試験>

3月3日に中国国家保健委員会(NHC)によって発行された「第7版COVID-19診断および治療計画」ガイドラインには、COVID-19によって引き起こされる深刻な合併症と戦う方法としてアクテムラが推奨されています。

 

開発元のロシュは、COVID-19でIL-6阻害薬であるアクテムラの独自の試験を行うと発表しました。これはアクテムラの最初の世界規模の研究で、米国を含む全世界で約330人の患者を対象に、4月初旬に登録を開始される予定です。これまでに、COVID-19肺炎の患者の治療のためのアクテムラの有効性と安全性を調査するいくつかの独立した臨床試験がありますが、今回のは初のグローバルな大規模無作為化二重盲検プラセボ対照第III相試験(COVACTA)となります。プラセボプラス標準と比較して、重度のCOVID-19肺炎で入院している成人患者の標準治療に追加された静脈内アクテムラの安全性と有効性を評価します。一次および二次エンドポイントには、臨床状態、死亡率、人工呼吸器および集中治療室(ICU)の評価指標が含まれます。患者は無作為化後60日間追跡され、有効性の初期の証拠を探すために中間分析が行われる予定です。

 

ロシュの最高医療責任者、グローバル製品開発責任者リーバイ・ギャラウェイ博士は「私たちは、COVID-19肺炎で入院した人々の治療のためにアクテムラ臨床試験を開始します。これにより、この病気との闘いにおけるアクテムラの潜在的な役割をよりよく確立できるようになります」 と語りました。 「これらの前例のない時代において、今日の発表は、業界と規制当局がCOVID-19パンデミックに対処するために迅速に協力することができる方法の重要な例であり、私たちはできるだけ早く結果を共有します。」と述べています。

 

現在、COVID-19の承認された治療法がないため、米国FDAは、その有効性と安全性に関する懸念を裏付ける大規模な臨床試験のエビデンスはありませんが、緊急措置下で重症のCOVID-19の10代と成人にクロロキンとヒドロキシクロロキンの使用を許可しています。詳しくは、関連記事を参照ください。https://bit.ly/2wr5mPa

 

 

 COVID19 Avigan

<アビガンの臨床試験>

日本政府は4月7日、COVID-19の治療効果が期待される抗インフルエンザ薬「アビガンAvigan(一般名ファビピラビル. Favipiravir.)」を国連を通じて、インドネシア、チェコ、トルコなど20カ国に無償提供すると発表しました。また、アビガンを製造販売する富士フイルム富山化学は、新型コロナウイルス感染症を対象とした国内で第3相臨床試験を始めると発表しています。

 

アビガンは、ウイルスが感染した細胞内でその遺伝子を複製して、新しいウイルス粒子を増殖および放出し、感染を他の細胞に広げる過程で、感染した細胞内でのウイルス遺伝子の複製を阻害して増殖を防ぎます。この特性により、この薬は新型コロナウィルス感染症COVID-19に対して抗ウイルス効果が期待されています。

 

編集注:米国パンキャン本部は、膵臓がん患者のための新型コロナウィルス感染症に関するよくある質問(Q&A)を用意しましたので参照ください。https://bit.ly/2USmDu7

 

 =========================================

Source:

1. Sanofi begins trial of Kevzara against COVID-19 complications; Pharmaphorum online 31/3/2020

2. Sanofi CEO talks about fast-tracking coronavirus vaccine development process: CNBC Online 30/3/2020

3. COVID-19: NICE updates guideline as Sanofi announces vaccine development; PharmaTimes Online 30/3/2020

4.Roche initiates Phase III clinical trial of Actemra/RoActemra in hospitalised patients with severe COVID-19 pneumonia

https://www.roche.com/media/releases/med-cor-2020-03-19.htm

4.The New Drug Application Approval of “AVIGAN® Tablet 200mg” in Japan for the anti-influenza virus drug (富士フィルム富山化学株式会社ウェブサイト)http://fftc.fujifilm.co.jp/en/news/news140324e.html

 

Follow Us On Twitter - Image