CancerToday201912

胆管がんと遺伝子変異について



【胆管がんとは】
胆管がんには、胆管に発生するがんのグループが含まれ、肝臓との関連でその位置が特徴であり、肝内胆管がん、遠位肝門部胆管がん、そして胆管がんから構成される。これらの胆管がん、胆のうがん、乳頭部がんを合わせて胆道がんと呼びます。

肝内胆管がんは、肝臓内の小さな胆管から始まります。これは、この疾患の最も一般的な形態ではなく、全症例の10%未満です。肝門部胆管がんは、肝門から始まり、2つの主要な胆管が肝臓に出入りします。これはこの疾患の最も一般的な形態であり、全症例の半分以上を占めています。残りの症例は、肝臓外の胆管から始まる遠位胆管がんとして分類されます。肝門部および遠位部の疾患は、時々一緒にグループ化され、肝外胆管がんと呼ばれます。