「なぜ胆管がんの遺伝子変異を知ることは重要なのか」

Empowering the Biliary Tract Cancer Research Community:

Message from Cholangiocarcinoma Foundation

アメリカ胆管がん財団の教育ビデオ(英語)

 

 

胆管がんの研究がすすみがん遺伝子が解明されてきました。胆道がん患者の半数以上に治療が可能なアクショナブルな遺伝子変異が見つかると言われています。

アクショナブルな遺伝子変異には、マッチした分子標的薬、免疫療法、または臨床試験があります。また、遺伝子変異にマッチした新薬も次々と承認されてきました。

胆管がんと診断された方は、治療の選択肢を広げるためにがん遺伝子パネル検査を受けることが推奨されます。

                      日本胆道がん患者会代表 眞島喜幸