胆管がんの進みぐあいは、I期からIV期までの4段階の病期(進行度)で示します。

I期
がんが胆管の中だけにとどまっている段階です。

II期
胆管と隣り合う臓器に拡がっていることが疑われるか、あるいは胆管の近傍のリンパ節に転移をしている状態です。

III期
胆管と隣り合う臓器(膵臓、肝臓、十二指腸、胆嚢など)に明らかに直接浸潤して拡がっていますが、その範囲がごく近傍にとどまっていると考えられる段階です。また、II期より遠くのリンパ節に転移している場合も含みます。

IV期
III期より遠くまで浸潤がおよんでいたり、肝臓へ転移していたり、また腹部の中にがん細胞がこぼれて拡がる腹膜播種(ふくまくはしゅ)がある段階です。

Follow Us On Twitter - Image